ぼちぼちと更新していければ

(毎週土曜日中の更新を目指しています)









ラム

キャラクターが、牙を剥く!

漫画・アニメのキャラクターの特徴のひとつに「ギザ歯」というのがあります。一般的には敵意を持ったり発奮した時などに剥きだした歯列がノコギリのようにギザギザに鋭く尖る漫画的表現を「ギザ歯」と呼称していると思います。最近ではそれとは別に、構造的に…

ラムの髪の彩色について

お盆も終わって残暑に入っていく今日この頃。うだるような暑い日が続く中に時々雨の日もあって、そんな日は少しだけ過ごしやすい気もします。ここのところ、雨の日に通勤で外に出ると女性の間で、虹色に色が変わるビニール傘が流行っているのに気が付きまし…

NTTですらない、電電公社の時代のお話。うる星「絶体絶命」レビュー

昨日、大手携帯電話キャリアで通信障害がありまして、相当混乱したようです。電話やネット閲覧に留まらず、イベント入場の際の電子チケットとしての使用やキャッシュレス決済などにも影響があったようで、スマホに生活のかなりの部分を握られている弱さを改…

ラムのフィギュアの話

僕はお人形趣味は(あまり)ないのだが、漫画・アニメの立体化されたものには結構興味があって、だからふたば☆ちゃんねるの模型裏板なんかもちょくちょく見ていた。「魔改造」という言葉の意味も知っていたつもりで、件のNHKの「魔改造の夜」という番組名を…

ラムの目の作画

originalnews.nico この記事は2018年1月の記事なのだが、この2020年6月に再度掘り出されて、一部で話題になったらしい。2ページ目の終盤で、ラムに少し言及されているのだが、「白目がいっぱいある」というのがその論旨だ。白目がいっぱいあることが、ラムを…

キャラクターに対する愛情や愛着

p-shirokuma.hatenadiary.com 上記は先週聞こえてきた、エヴァンゲリオンという別のジャンルでのキャラ愛に関するテキストだ。別ジャンルではあるが、同じような境遇を過ごしてきた者としてたいへんに共感をもって読んだ。「うる星やつら」のラムというキャ…

ラムのCM出演

数年前からの東京ガスのCMで、深田恭子がラムのコスプレをしているのだが古参のファンの皆さんはどうお思いだろうか。 いろいろ事情は理解できるし、深田恭子は頼まれたことをやってるだけで悪くないし、ラムを抽象的な「セックスシンボル」とだけ捉えている…

キャラを改変するということ

今、同人誌といえばそのほとんどが二次創作マンガの冊子になると思うが「うる星やつら」全盛の頃の同人誌といえばその名の通り、ファンジンを指していた。関わった人数によって個人誌、二人誌などと言い方を変えていたけれど、本来はあくまでも同人で作るの…