ぼちぼちと更新していければ

(毎週土曜日中の更新を目指しています)









作画

作画の移り変わり的なことについて

高橋留美子氏のTwitterで、ネームと実際の原稿を並べて掲載された回があるのだが・午前0:30 · 2021年6月16日・午前0:13 · 2021年6月23日ネームのほうの作画が、よく見知った高橋留美子氏のバランスそのままだったので愕然とした。正直ショックである。という…

2色カラーの「うる星やつら」

前々回にちょっと触れた「うる星やつら パーフェクトカラーエディション」、さっそく買ってきた。とりあえず上巻だけだけれども。 amazonでは上巻は売り切れててマーケットプレイスにプレミア付きで出ている状況だけどリアル店舗で定価で購入できた。すんな…

「英訳 うる星やつら」は2色カラー

僕は「うる星」アニメ化からのファンで、だから初期の「留美ック」には触れていない。原作志向とはいっても、手に入れていないコンテンツも多数あって、でも30ウン年前ならいざ知らず今となっては「まぁ、いいか」で済ませてしまっているのが実情だ。「うる…

「うる星」における2020年っぽいキャラ

この「るーみっく おーるど」では一時期までの高橋留美子作品を取り上げていて、それは僕の個人的な好みによるものだ。一時期以降の氏の作品にはあまり触れることはないのだが、先日「うる星」をざっと読み返したときに現在の氏の作風の源流を垣間見たような…

乳房の作画

「うる星やつら」には結構エロネタが多い。購買層を考えれば妥当なところだし、一時期の漫画界は、エロに突っ走っていたこともあったし(スピリッツのSEX増刊とかあった頃)、まぁそりゃそうだろうな、と思う。姦淫ネタもあるけれど、胸に触る、胸を見る、と…